建設業許可申請 被保険者番号等のマスキング

 

こちらは東京都立川市にあります「建設業許可ワンストップ相談室」(運営:行政書士法人山口事務所)です。

 

令和2年10月1日から施行された規定により、建設業許可申請ならびに各届出においては、保険証の写し及び標準決定通知書の写しの「被保険者等記号・番号」が見えないように、マスキングで消したものを提出することになりました。

 

「医療制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律」により、個人情報保護の観点から「告知要求制限」の規定が設けられたことによります。

 

この規定により、今後「被保険者等記号・番号」は、健康保険事業又はこれに関連する事務の遂行等の目的以外で告知を求めることは禁止されます。

 

筆者が思うに、コピーをして被保険者等記号・番号を上からペンなどで黒塗りしたとしても、角度によっては見える、または裏から透けて見えてしまうこともあるでしょう。

そのため、修正テープで隠したものを再度コピーして提出することをおススメします。

 

 

東京都の案内はこちら

(参考資料)