Q.建設業許可申請で提出する「身分証明書」ってなんですか?

こちらは東京都立川市にあります「建設業許可ワンストップ相談室」(運営:行政書士法人山口事務所)です。

 

 

A.禁治産・準禁治産宣告の通知、後見登記の通知、破産宣告・破産手続開始決定の通知を受けていないことを証明する書類です。

個人での申請ならば申請者、法人での申請ならば法人役員が、建設業許可の欠格要件に該当しないことを証明するため、「身分証明書」の提出をします。

「身分証明書」は本籍のある市区町村に請求することができます。

 

平成12年3月31日よりも前は、禁治産者(成年被後見人とみなされる者)・準禁治産者(被保佐人とみなされる者)については、本人の戸籍への記録という方法で公示されていました。平成12年4月1日以降は、新しい成年後見制度の施行により、後見登記等ファイルへの登記に変更されました。

そのため平成12年3月31日以前に、欠陥条項に該当しないこと(禁治産者(成年被後見人とみなされる者)・準禁治産者(被保佐人とみなされる者)に該当していない)であったことの証明は、本籍地の市区町村が発行する『身分証明書』によって行うこととなり、平成12年4月1日以降については、『登記されていないことの証明書』によって行うことになります。

 

また、『破産者』でないことの証明については、『身分証明書』によってのみ証明されます。

いずれの時点においても欠格事由に該当していないことを証明するためには、『身分証明書』及び『登記されていないことの証明書』の両方が必要となります。