建設業許可の要件 -誠実性-

こちらは東京都立川市にあります「建設業許可ワンストップ相談室」(運営:行政書士法人山口事務所)です。

 

建設業許可を受けるためには、以下の1~5までの要件を満たす必要があります。

1 経営業務の管理責任者

2 専任技術者

3 誠実性

4 財産的基礎等

5 欠格要件等

3.請負契約に関して誠実性を有していること

建設工事においては、発注・契約から工事の完成までに長期間を要し、さらには工事代金も高額であることが一般的です。そこで、建設工事取引の安全を図るため、請負契約の締結やその履行に際し不正又は不誠実な行為をするおそれのある者については建設業許可を与えないとしています。
そこで、法人の役員、個人事業主、令第3条の使用人が請負契約に関し、不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者でないことが、建設業許可を受けるための要件となっています。

ア.不正な行為
請負契約の締結、履行の際の詐欺、脅迫、違法行為
イ.不誠実な行為
工事内容、工期等請負契約に違反する行為

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です